ブルーボトルに行く前の日には、サンホゼにエスプレッソが美味しいところがあると聞いて、

早速、家族全員で行ってみました。

息子がアルバイトをしているイオン珈琲店がそこのオーナーから、

エスプレッソの淹れかたを学んだそうです。

やはり、エスプレッソを淹れる行程の1つ1つで、味が良くなるのか悪くなるのかが

決まってくるそうです。

私の今回の渡米の目的の1つにエスプレッソの研究というのがありましたので、

まずは、そこの珈琲を飲もうと思い行って飲んで来ました。

2013-02-22 11.49.19w.jpg

感想としては、酸味があり過ぎで、苦すぎというのが、

感想でした。

ブルーボトルでエスプレッソを飲んだ時もやはり同じような味でした。

ここの味は、ブルーボトルよりも味が濃厚でしたね。

新しい発見としては、ブルーボトルもここの珈琲店もそうですが、

エスプレッソを頼むと、同時に炭酸水が出てくることですね。

2013-02-26 00.25.40w.jpg

なぜ炭酸水が出てくるのかはわかりませんが、

ここいらへんでは、これがセットみたいです。

2013-02-22 19.47.37w.jpg

*上の写真がブルーボトルで下の写真がサンホゼの店です*

珈琲カップの上にあるカップの中は、ただの産山水が入っていました。

多分、これを飲んで苦すぎた珈琲を口の中で緩和するのではないかと

単純に思いました。

さて、この2店で、エスプレッソを飲んだのですが、

どちらも、かなり苦く、かなり酸味が利いていたというのが、

共通点で、これがエスプレッソというものなんだなあと思いました。

ということは、私にはこれはあわないかもしれません。

また、今度、行った時に、他の珈琲店も訪ねて、

飲んでみようとは思いますが。


その後、スターバックスに行った時は、さすがの私も、

レギュラーコーヒーを頼みました。



 カテゴリ
 タグ